manahama日和

自然散策しながら撮った写真を青い森から発信します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

雪の華に見送られて 













P3150107-1.jpg









P3150105.jpg









P3150118.jpg









P3150115.jpg
                                      E-M5  H27.  3. 15



ヒュッテで休憩しているうちに
別行動で小岳まで登って来た弟夫婦と合流し
一緒に下山となりました

青空に映える雪の華に見送られながら
みんな「帰りたくな〜い!」
と、何度も連発し
今年2度もモンスターに会えたことに満足し
名残惜しさを胸に帰路につきました。。

きっとみんな
"来シーズンも絶対来るぞ!"
そう思ってるはずです。^^


スポンサーサイト
thread: 雪の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

仙人岱ヒュッテへ 














P3150097.jpg









P3150100.jpg
                                        E-M5  H27.  3. 15




目的地の仙人岱ヒュッテ
この入口は2階の冬期限定で
はしごで1階まで下ります

ここで山ご飯を食べ
コーヒーを入れて至福のひと時

3枚目の写真
去年の4月はこちら側
凍りついた睡蓮沼の上を通って
ここまで来たことを
思い出しながら眺めました。。
thread: 雪の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

モンスター再会 













P3150088.jpg









P3150089.jpg
                                      E-M5  H27.  3. 15




仙人岱樹氷群

弟に励まされながら登ること2時間
目標の仙人岱です
そして、前回の田茂萢岳側のモンスターとはひと味違う
スケールの大きいモンスター達に会うことができました。^^

thread: 雪の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

エビのしっぽ郡 













P3150082.jpg









P3150084.jpg









P3150077.jpg
                                        E-M5  H27.  3. 15



地獄湯の沢の上部は
全てがエビのしっぽ状態
沢を下から吹き上げる風が
岩をも樹氷にしてしまいます。

自然の厳しさを感じる中
ガスの晴れ間から覗きみる景色に歓喜があがり
疲れも一緒に吹き飛んでしまいます^^♪

thread: 雪の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

もう一度、モンスター 〜出発 













P3150061.jpg









P3150065.jpg









P3150069.jpg








P3150070.jpg









P3150073.jpg
                                       E-M5   H27.  3. 15



まだ樹氷が見れそう
と、弟夫婦に誘われて
またまた、やって来ました八甲田。

でも今回は、酸ヶ湯温泉のある登山口から
地獄湯の沢〜仙人岱ヒュッテまで
スノーシューで登ります。

まず登山口へは道路脇に積もった3m ほどの雪を登ります。

歩を進めるにしたがって変化していく景色を楽しみながら
モンスター群を目指します。

thread: 雪の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。